にんにく/市場動向1997-2016健食素材50音順(末端規模推定 /億円)「ヘルスフードレポート/Health Food Report」登録商標山の下出版著作権所有
 
素材フリガナ ニンニク 
素材 にんにく
1997市場規模 100
1997市場動向 無臭タイプでもより抽出・精製・濃縮など高機能を打ち出す方向。他の消臭機能素材との組み合わせも。
1998市場規模 80
1998市場動向 滋養機能についてあらためて研究データの検討、確認が求められる。有臭、無臭成分機能確認も。
1999市場規模 70
1999市場動向 有臭・無臭・形状(摂取方法等)で利用者選択。滋養機能発揮量について必ずしも明確なデータが示されておらず、努力必要。
2000市場規模 60
2000市場動向 TVCM展開品以外の製品鈍い。優れた機能の幅広げるために、海外新ハーブ他滋養素材との組合せ可能性検討を。
2001市場規模 60
2001市場動向 無臭タイプ製品が主。原料種、機能内容及び機能成分量の情報提供必要。消臭素材との組合せ可能性探る動きも。
2002市場規模 60
2002市場動向 スコルヂニン等機能成分の臨床研究情報提供を。再度、女性への提案(美容)、食卓への提案(粉末・顆粒品等)を検討すべき。
2003市場規模 50
2003市場動向 無臭タイプ製品、日常食生活での利用を広く提案すべき。特定健康予防に絞り生理機能解明する努力を。
2004市場規模 50
2004市場動向 臭いマスキング素材・技術各種開発されリニュアル採用。滋養機能、運動、老化予防で注目。
2005市場規模 60
2005市場動向 他の日本的機能素材と組合せて伸び。あらためて組合せ方検討。原料種類、内容、機能データ探る動き。
2006市場規模 60
2006市場動向 滋養機能支持。差別化図るため産地、栽培法示す動きも。無臭タイプ製品再度女性層開拓目指す。
2007市場規模 70
2007市場動向 「黒」タイプ提案。滋養体感素材として組合せ利用増。機能品質内容情報提供を。産地、栽培法、製造法まで選択。
2008市場規模 60
2008市場動向 疲労回復、滋養強壮医薬部外品との差別化検討。食品としての体感機能を自由に設計、摂取。製品形態も各種検討。
2009市場規模 70
2009市場動向 「黒」タイプ発酵素材提案される。身近な滋養機能を毎日の食生活に取り入れる方法検討。女性美容機能根強い。
2010市場規模 70
2010市場動向 通販分野の組み合わせ素材として採用。無臭タイプ製品は幅広い層、女性美容分野でも支持される。PB品種類増。「黒」タイプ等原料による品質、内
容差別化図る例も。
2011市場規模 80
2011市場動向 認知度高く、滋養生理機能判りやすい素材。体感自覚を目指す試用展開で利用者囲い込み図る。高齢者対応分野でも高い支持。主要組み合わせ素
材としても位置付け。
2012市場規模 80
2012市場動向 性別問わず老化予防、「若さ」対応、元気回復、滋養・美容素材としての位置づけ。原料品質内容を示し製品提供必要。あわせて機能メカニズム研究
報告を。
2013市場規模 70
2013市場動向 直販継続利用での特徴を打ち出せるキャンペーン提案を。美容分野での無臭タイプ製品が再び支持広がる模様。他の美容素材との組み合わせによ
り判りやすい製品開発。
2014市場規模 60
2014市場動向 認知度高く、信頼のある素材として年代層、男女問わず支持。この幅広い層、利用機会を活かした製品提案工夫を。健康維持、改善自覚の試用提案
増やす方向を。飲料分野未開拓。
2015市場規模: 50
2015市場動向: エナジードリンクへの採用図る上での課題(におい等)解決し開発の方向。機能内容確認し提案。一時女性に支持が広がった美容機能再検討。メカニ
ズム含め見直しの様相。
2016市場規模: 50
2016市場動向: 滋養機能分野でのにおいの有無それぞれの提案行われる。美容対応女性支持により利用者が広がったことを踏まえ展開模索。機能性表示の内容も
検討しているところ。

20171_20160907867kb
出版物広告申込書 『ヘルスフードレポート』担当/編集部
【出版物1】
■『ヘルスフードレポート/Health Food Report(登録商標)健康志向食品市場動向 2017年』
体裁/B5判64頁。1,500円送料215円。内容/2017年市場規模/上位素
材数字・動向。素材生理機能一覧/約500素材。流通ルート約50概要。注目素
材/研究/製品。原料供給メーカー/約300社。受託加工メーカー/約100社。
製品メーカー/約500社。関係団体/機関その他。
…………………………………………………………………………………………
【見積書】